離乳食の進め方ガイド

パクパク期とは?

生後12ヶ月から18ヶ月の間は、モグモグ期という離乳食の時期になります。

 

モグモグ期は大人の食事を取り分けて、離乳食にすることができるため、お母さんにとっては、やりやすくなります。

 

口内においては、舌の動きも器用になってきますし、歯で噛むことも可能です。

 

咀嚼というものは、子供が育つ過程でとても深く影響しますから、赤ちゃんが噛むことを覚える離乳食作りを意識すると良いでしょう。

 

この時期は、やわらかめのハンバーグくらいのかたさをイメージすると作りやすいでしょう。

 

パクパク期の段階に入ったら、大人と同じ朝昼晩の食事間隔にしていくように努めましょう。

 

おやつ時間だった10時と3時は、必要がなければいりません。

 

その中でも10時にあげていたおやつは、お昼ごはんを食べなくなってしまうので、止めた方が良いでしょう。

 

前の段階では全体の6割くらいの目標でしたが、パクパク期になると、ますます離乳食の占める割合が大きくなるのです。

 

全体の8割の栄養を離乳食でとれるように考えて行っていきます。

 

パクパク期になると、カミカミ期以上に自分で食べたいと言う気持ちが強くなり、スプーンを使って食べたがるお子さんもいます。

 

お母さんから見れば、こぼしてばかりで食べているようには見えないかもしれませんが、食事は楽しいものだと感じてもらうことは大切です。

 

パクパク期の間は、口の中に入るだけ詰めてしまうので、むせることもしょっちゅうです。

 

食事のたびに、お母さんは片付けるのにイライラする時もあると思います。

 

そのことも、パクパク期における成長の証しなので、喉の詰まりには注意してあとは許してあげましょう。

 

毎日の練習で、上手な食べ方を習得していきます。

 

 


パクパク期とは?関連ページ