離乳食の進め方ガイド

モグモグ期とは?

月齢が7〜8ヶ月の赤ちゃんは、モグモグ期と呼ばれる時期に入ります。

 

離乳食についても、モグモグ期に食べさせるメニューにしていきましょう。

 

ゴックン期の状態で問題がなければ、モグモグ期メニューに移行してみましょう。

 

モグモグ期の赤ちゃんについては、舌を口の中を前にも後ろにも、そして右左にも動かすので、舌を利用して離乳食を細かくつぶすことができます。

 

舌を使ってやわらかくしたものを、溜飲できるようにまとめる力も持っています。

 

モグモグ期に食す離乳食については、目安は豆腐と考えるとちょうど良いはずです。

 

始めてから慣れるまでは絹ごし豆腐で、後半は木綿豆腐が目安になります。

 

ゴックン期からモグモグ期へと移行した時期は、慎重に始めることが大切です。

 

初めて離乳食をスタートしたときと同じように、一さじずつから始めます。

 

モグモグ期になると、1つのメニューだけではなくなって1食のうちでおかゆやにんじん、豆腐など、いくつかメニューを用意することになります。

 

完全に手作りをしようなどと考えずに、ベビーフードを活用するといいでしょう。

 

ベビーフードの方が良く食べると心配するお母さんもいますが、その場合は、赤ちゃんが好むベビーフードの特徴を研究してみましょう。

 

風味や固さなどに関して、自分で作った離乳食とどのように違うのか、試しに食べてみましょう。

 

体調などの影響によって、スムーズにいかないこともあります。

 

食べたくなさそうなときは、メニューを後戻りして食べさせてあげるといいでしょう。

 

離乳食に飽きているように感じたら、固さをカミカミ期の段階にしてみるのも解決策の一つです。

 

 


モグモグ期とは?関連ページ