離乳食の進め方ガイド

カミカミ期とは?

生後9か月から11か月の間は、カミカミ期に進む時期になります。

 

カミカミ期に進むと、歯ぐきの動きで離乳食をつぶすことがうまくなります。

 

この段階では食べ物の大部分は舌でつぶしていますが、かたいものを食べる時は歯ぐきを使います。

 

手で持って食べたがり、そのまま自分で口に持っていくものの、口に詰められるだけ詰めてしまい、飲み込めなくなってしまうこともあります。

 

そのうちに、自分で口に入れている間に、一回分の量を理解するようになります。

 

きちんと舌を使うことで、口内で左右奥に食べ物を持っていくようになり、歯ぐきでつぶした後に飲み込みます。

 

食べやすい離乳食は、「バナナくらいのかたさ」とするのがすぐに理解できるでしょう。

 

薄切りや細切り、さいのめ切りなど様々な切り方で、大きさに変化をつけてあげてみます。

 

カミカミ期では、1日の中で離乳食を3回与えますが、朝、昼、夜と決まっているということではありません。

 

離乳食を挟んでミルクや母乳も欲しがるので、比較的時間に余裕がある時に離乳食を与えます。

 

カミカミ期の目的は、離乳食から栄養を摂取できるようになることです。

 

完璧に離乳食から摂るのは無理でも、離乳食からだいたい60%程の栄養を摂るのがベストです。

 

離乳食を日に3度となると、お母さんにしてみると、メニュー選びが悩まされるようになります。

 

そこで助けられるのがベビーフードですが、この時期だと食べる量も多いため、いつもベビーフードだと負担が大きくなります。

 

そんな時は同じ食材でも、だしを変えてみると、それだけでも印象が違うので、工夫してみて下さい。

 

そのためには和風・洋風・中華・ミルク、味噌、しょうゆ味など、工夫をしながら、塩分量にも気を配りましょう。

 

 


カミカミ期とは?関連ページ