離乳食の進め方ガイド

ゴックン期とは?

生まれて5〜6ヶ月もすると、赤ちゃんは離乳食がゴックン期に移行するほど発育が進みます。

 

ゴックン期なので、スムーズに飲み込むことができるようにするのが目的です。

 

今までは母乳やミルクしか飲み込んだ経験がありませんでしたが、ここからはペースト状の離乳食をがんばって飲み込む練習をします。

 

赤ちゃんの口内に関しては、舌を動かすことができるのは前後だけです。

 

口内に侵入したペースト状の離乳食をギュッと口を結んで飲み込みます。

 

簡単にできるようにはなりませんが、まずは一さじを目安にしてちゃんと飲み込むようであればよいので、マイペースで進めていきます。

 

ゴックン期を卒業する時期には、液体状にトロトロしているというよりマヨネーズより少しやわらかい状態に調節します。

 

小さめの器によそい直して、皿をスプーンでなぞった時に線が残るほどの状態が良いでしょう。

 

最初はスプーン1杯からスタートするのですから、母乳やミルクを欲する場合もあるので、そうなったら、心ゆくまで飲ませてあげましょう。

 

あまり、お腹がすいてしまうと、簡単に飲めるミルクや母乳を欲しがってしまうケースもあります。

 

そんなときは、離乳食をいつもの食事の時間より少し早めてあげるようにしましょう。

 

食事の回数について、ゴックン期は1ヶ月が経過するまでは1日あたり1回でいいでしょう。

 

1ヶ月を過ぎて慣れてきたら、2回に変更してみましょう。

 

離乳食については、母子ともに楽にチャレンジできる時間に、着実に段階を重ねるのが良いでしょう。

 

ゴックン期の離乳食は、同じメニューになってしまっても気にしなくて大丈夫です。

 

それと、ベビーフードなどを取り入れて、楽に進められるように工夫してみることをおすすめします。

 

 


ゴックン期とは?関連ページ