離乳食の進め方ガイド

離乳食を始める時期

離乳食をいつ始めたら良いのか、戸惑うお母さんも少なくありません。

 

赤ちゃんが生誕して5〜6ヶ月経つ頃には、ゴックン期に入っています。

 

ゴックン期については、名称でも分かるようにゴックンと飲み込めるようになる時期を指します。

 

お母さん、あるいは家族との食事の際の、赤ちゃんがどんな風かを見てみましょう。

 

誰かが食べているのに合わせて口をモグモグしてはいないでしょうか。

 

食事に関心が高くなっているようなら、離乳食を始めてみましょう。

 

離乳食を口にする場合は、母乳やミルクの飲み方とは違った手段で実践することになります。

 

はじめから簡単にできることを期待することなく、のんびりと構えてください。

 

はじめて間もない頃は、口内で舌を動かして飲み込むことを目指していきましょう。

 

幅広い食材を経験させて楽しく過ごすことを心配りしましょう。

 

食べさせようとしても拒むことや、最初は食べていたのに途中から拒否することも良くあるケースです。

 

離乳食の開始がうまくいかなくても思い悩まずに、進め方は赤ちゃん次第と考えましょう。

 

ベタベタとした状態であっても飲み込むのが上手くなったら、ゴックン期は終わりと言えます。

 

離乳食の量は、おかずと主食で子どもサイズの茶碗で2分の1ほどで十分です。

 

日々の食事において2食分を離乳食に変えられたらさらなるステップに進んでも構わないと言えます。

 

タイミングがわからない人は、ゴックン期を卒業できるかを確かめるレシピもあるので、それを実践してみましょう。

 

 


離乳食を始める時期エントリー一覧

ゴックン期とは?
生まれて5〜6ヶ月もすると、赤ちゃんは離乳食がゴックン期に移行するほど発育が進みます。ゴックン期なので、スムーズに飲み込むことができるようにするのが目的です。今までは母乳やミルクしか飲み込んだ経験がありませんでしたが、ここからはペースト状の離乳食をがんばって飲み込む練習をします。赤ちゃんの口内に関しては、舌を動かすことができるのは前後だけです。口内に侵入したペースト状の離乳食をギュッと口を結んで飲み込みます。簡単にできるようにはなりませんが、まずは一さじを目安にしてちゃんと飲み込むようであればよ...
モグモグ期とは?
月齢が7〜8ヶ月の赤ちゃんは、モグモグ期と呼ばれる時期に入ります。離乳食についても、モグモグ期に食べさせるメニューにしていきましょう。ゴックン期の状態で問題がなければ、モグモグ期メニューに移行してみましょう。モグモグ期の赤ちゃんについては、舌を口の中を前にも後ろにも、そして右左にも動かすので、舌を利用して離乳食を細かくつぶすことができます。舌を使ってやわらかくしたものを、溜飲できるようにまとめる力も持っています。モグモグ期に食す離乳食については、目安は豆腐と考えるとちょうど良いはずです。始めてか...
カミカミ期とは?
生後9か月から11か月の間は、カミカミ期に進む時期になります。カミカミ期に進むと、歯ぐきの動きで離乳食をつぶすことがうまくなります。この段階では食べ物の大部分は舌でつぶしていますが、かたいものを食べる時は歯ぐきを使います。手で持って食べたがり、そのまま自分で口に持っていくものの、口に詰められるだけ詰めてしまい、飲み込めなくなってしまうこともあります。そのうちに、自分で口に入れている間に、一回分の量を理解するようになります。きちんと舌を使うことで、口内で左右奥に食べ物を持っていくようになり、歯ぐき...
パクパク期とは?
生後12ヶ月から18ヶ月の間は、モグモグ期という離乳食の時期になります。モグモグ期は大人の食事を取り分けて、離乳食にすることができるため、お母さんにとっては、やりやすくなります。口内においては、舌の動きも器用になってきますし、歯で噛むことも可能です。咀嚼というものは、子供が育つ過程でとても深く影響しますから、赤ちゃんが噛むことを覚える離乳食作りを意識すると良いでしょう。この時期は、やわらかめのハンバーグくらいのかたさをイメージすると作りやすいでしょう。パクパク期の段階に入ったら、大人と同じ朝昼晩...