離乳食の進め方ガイド

果汁と乳製品は要注意

健康食だからと、果汁を際限なく飲ませても問題は起きないと考えていませんか。

 

離乳食を与える前から、果汁を赤ちゃんに与えているお母さんは、少なくないと思います。

 

実際は、離乳食を開始する時期である生後5ヶ月から6ヶ月の期間に果汁は要りません。

 

赤ちゃんが必要とする栄養については母乳を飲むことで摂取できますし、ことさらミルクなら文句ありません。

 

一昔前なら果汁を与えることで摂取したビタミン類も、粉ミルクに含まれています。

 

ダイエットに果物を用いる人が多いほど、果物というのは完璧な健康食と思われがちですが、果物は糖分が多いと言う欠点があります。

 

果汁をたくさん飲みたがる赤ちゃんもいますが、量をコントロールしてあげないと必要以上に糖分を摂ることになってしまいます。

 

厚生労働省でも、小さな赤ちゃんに果汁は要らないと公表しています。

 

早い時期から赤ちゃんに果汁を摂取させると、アレルギーの原因になることがありますから、与えるときは慎重に始めるようにしましょう。

 

既に離乳食が開始されているのであれば、果物は絞るだけでなく、食べやすい形状にして与えましょう。

 

では、乳製品はいつから始めたら良いでしょう。

 

母乳やミルクも乳製品と言えますから、早くからでもいいと思われがちですが、それは間違いです。

 

まずはおかゆから始め、一週間くらいで問題なさそうなら野菜も足して、次も一週間くらいで慣れたら豆腐なども加えていきましょう。

 

このペースで少しずつ食材を試してみてから、乳製品を与えるようにしましょう。

 

プレーンヨーグルトなら離乳食の乳製品にはちょうど良く、塩分を含むチーズはカッテージチーズが適しています。

 

飲み物として牛乳を与えるのは、1歳を目処にしましょう。

 

 


果汁と乳製品は要注意関連ページ