離乳食の進め方ガイド

食物アレルギーについて

離乳食で気を付ける事は、食物アレルギーでしょう。

 

食物アレルギーは、食べた直後にあらわれる場合と、多少時間が経って症状があらわれる場合とがあります。

 

これを、即時型反応と非即時型反応という2つに分けることができます。

 

即時反応というのは、口に食べ物を入れてから2時間の間にアレルギーが発症することを言います。

 

非即時反応とは、半日経過してから出る場合と、1、2日くらいの時間をおいてから発症することもあります。

 

両方とも病院に行かなければなりませんが、即時反応は、より危険性が高いため至急医師に診せましょう。

 

食物アレルギー反応の出方には、非即時型反応のように数日かかるケースもあるので、お子さんに変わったところがないかチェックしましょう。

 

アレルギー発症の可能性が高い食品は、小麦・そば・落花生・卵・乳製品・エビ・カニなどがあります。

 

これらの食品については、アレルギー表示対象品目に入り特定原材料として表示しなければいけないのです。

 

それ以外にも、特定原材料に準ずる食品では、いか・いくら・さば、オレンジ・キウイ・もも等の18品目は表示推奨原料と決められています。

 

アレルギーかもしれないと思うなら、慎重に離乳食を与えていきましょう。

 

離乳食をあげるタイミングを診察可能な時間にするなど、すぐに対処できる体制を整えましょう。

 

アレルギー反応を恐れるあまり、アレルギー表示対象品目の食材を極度に避けるのは問題です。

 

バランスのとれた良い離乳食を与えるために、気軽に相談できる掛かり付けの病院を持つことが必要になります。

 

離乳食に関することで自己判断をするのは危険です。

 

一人で悩んだりせずに、まずは医師に相談するのが望ましいでしょう。

 

 


食物アレルギーについて関連ページ